2010年10月23日

涼しくなりましたね

こんにちは、歯科衛生Qです。

そろそろ涼しい日が続いて、やっと秋らしくなりましたね


私は秋と言えば、がぜん食欲の秋です

先日も知り合いの先生と、大変美味しいフグと松茸の土瓶蒸しを頂きました

そこで今回は私達が食べ物の味を感じる為の身体の器官、『味蕾』についてのお話しです。



私達の舌には、味を感じる為に『味蕾』と呼ばれる小さな器官がたくさんあります。

個人差もありますが、大体5000〜9000個あるといわれています。


しかしこの『味蕾』、時代と共に数が減ってきています

なんと進化して数が増えるのではなく、逆に減ってきているのです。



昔の人類は味に敏感なことは生存する為に必要不可欠でした。

狩猟採取をしていた時代には、肉や木の実などが腐っていないか、毒はないのか、危険や異変を感じ取る為に味に敏感である必要があったのです


ですが現代では腐ったものや、毒が入ったものが店頭に並ぶことはそうそうありません

むしろ味に敏感だと防腐剤や食品添加物に反応してしまい、不自由なことも多いのです


そんなこんなで環境に適応する為に、退化という形をとった人類の進化…

ちょっと不思議じゃありませんか?


実は親知らずも似たようなことが起きているんですよ

それについてはまた次回お話しいたしますね

それでは、今回はこの辺で失礼いたします。
皆様、季節の変わり目でお風邪を召しませんよう…  

Posted by gyoutoku4618 at 13:55