2006年05月05日

歯並びの相談

こんにちは、歯科医師 B です。

皆さんは、GWいかが過ごされていますか?                                    良いお天気が続き、よかったですね。                                       

当医院は通常営業のため私たちはあまり、連休の実感がなく過ごしております。

さて今日は、よく相談に来られるお子様の歯並びについてお話しします。


下の前歯がガタガタに生えてきた

乳歯の時には綺麗に並んでいた下の前歯が永久歯に生え代わるに従い、ガタガタになる場合があります。

顎の幅の成長がまだまだ見込めますし、横の歯が生え代わる時に隙間が少し余りますので自然と少々のガタガタなら改善されます。まだ様子をみることが多いです。

しかし、写真の様に1本だけ内側に入り込んでいる場合は、上下の歯の正中(上の歯の真ん中と、下の歯の真ん中)がずれてしまっている場合が多く、時期を診て青い矢印の乳犬歯を削って細くするとかして正中を合わせる必要が出てきます。

定期的に歯科で診てもらうことをお勧めします。


上の前歯がガタガタに生えてきた

顎の横幅の成長が充分でない場合や                大きな永久歯が生えてきたときに起こります。             

顎の幅の成長はまだ7〜8歳でも起こりますし         奥の方の乳歯が生え代わる時に少々のガタガタなら改善されます。

少々ガタガタでも、上下の正中                         (上の歯の真ん中と、下の歯の真ん中)があっていれば                             そのまま観察する事が多いです。

正中がずれていたり、かみ合わせた時に1〜2本内側に入っていて                   下の歯と反対に噛んでしまい、顎が左右に動きづらい時などは                       矯正治療を開始する場合もあります。


good and new                                 友達とカラオケへ行き、はしゃいでとても楽しかったです。

祝日で急患の方が多くいらっしゃりました。                            協力して診療をすすめられました。


千葉県市川市行徳の歯医者:スマイル歯科クリニック 浦安・南行徳・妙典・葛西・西葛西・西船橋・船橋からも患者様がいらしています。筍娃苅掘檻械坑機檻苅僑隠

  

Posted by gyoutoku4618 at 13:29Comments(0)